01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

白湯飲みさんに朗報☆外出先でお湯を手に入れる方法!

2016.01.18 (Mon)

sayunomi172


我が家のある横浜では、
今朝初雪が降りました


snow.jpeg


車が使えず、
1時間かけて徒歩で出勤した夫をしり目に、
つもった、つもった
ウキウキしてしまう私です


こんな寒い日に限らず、
朝起きて私がすぐすることと言えば、
お湯をわかすこと

白湯を飲むことから
一日がスタートします。


と言っても、これはアーユルヴェーダのほんとうの白湯ではなく、
ただの「お湯」です。

アーユルヴェーダの白湯とは
沸騰してからさらに10分~15分沸かし、
適温に冷まして飲むもの。

私はポリシーとして、
めんどくさいことは続かない
と思っているのでここまでしません。

お湯は沸いたらすぐにおろすし、
冷めるまで待たず、
冷蔵庫のお水で割って飲みます。

だって早く飲みたいから(´∀`*)


なので、これから先に書く外出先での白湯も、
同じやり方で飲む方法です。


外出先で白湯を飲みたいとき、
お湯を手に入れるのが難しかったんです。

ミネラルウォーターはどこでも買えるのに、
ホットドリンクコーナーでもお湯はない。

スーパーのポットのお湯はカップラーメン用だからコソコソすることになるし、
飲食店などでもらうのも気が引けます。

有料で、堂々とお湯がてにはいらないものかな~とずっと考えていました。

で、やっと見つけましたよ!
お湯を手に入れる方法!! 

それは
ファミリーマートにあります

近年、コンビニコーヒーがブームで
どこでもコーヒーマシーンが備え付けてありますが、
ファミリーマートでは紅茶も販売しています。

この紅茶、レジで注文すると、
カップと個包装のティーバッグを出してくれるんです。
紅茶はバッグに入れて、
お湯だけ入れて持ち帰る。

すぐに飲みたいときは、
お水で割れば適温の50~60℃に
これで、白湯の完成です

sayufami.jpeg

紅茶はSサイズのみ93円(税込100円)※2016年1月18日現在
約160ml

Sサイズなので普段は黒いカップなんだけど、
この日はMサイズのカップに
保護ホルダーを付けてくれた

これだけ容量があると水で好きなだけ割れて良いあんばいヽ(´∀`)ノ
Sカップに入れてくれた時は、なみなみ水を入れてもちょっと熱くて、
ちょっと飲んで水入れてを3回くらい繰り返しました。

保温マグを持っていくと容量を気にせず良いかもね~

くれぐれもやけどにはお気をつけて~



ブログランキングに参加しています
↓バナーをクリックするとランキングに反映します。
応援おねがいします


にほんブログ村


にほんブログ村




スポンサーサイト
12:18  |  子宮を温める  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

よもぎ蒸し☆子宮を直接温める

2016.01.07 (Thu)

よもぎ蒸し

よもぎ蒸しは、前から気になっていたんだー(´∀`*)

カフェラパンによもぎ蒸しの方が出店予定だったのが、
予定が合わずキャンセルになったことがあって。
おあずけとなると、
やってみずにはいられなくなっちゃう性格

その後、はるちゃんブログを教えてくれた人から、
うちから通える場所にもよもぎ蒸しサロンがあることを聞いて調べてみました。

そしたら、出てくる出てくる

教わったところより、さらに近所に3軒もありました。


選んだのは
よもぎ蒸しNilufa
https://yomogi.nilufa.com/


よもぎ蒸しとは、よもぎを主とした薬草を煎じ、漢方成分を含んだ蒸気で下半身を蒸す、韓国では600年以上の歴史のある伝統的な民間療法です。ヨモギなどの薬草の成分を含んだ蒸気を下半身を中心に浴び、スチームの温熱効果とヨモギの薬効成分により、身体を芯から温めます。

よもぎ蒸しNilifaホームページより引用



座浴器の下からよもぎの蒸気を
おまたに直接当てるのね。

yomogi170

決め手のひとつになったのが、この
黄土座浴器

惹かれたのは
  • 体の芯まで温まること
  • 衛生的であること


黄土は遠赤外線を出すそうで、
そのためじんわり体の奥まで温まる。

そして、
生のおしりが直接触れる座浴器、
衛生面も気になるところ。

陶器の座浴器はカビの発生が抑えられるので衛生的にも安心なんだそうです。


そしてね、すごく丁寧なホームページを見て、
すっかり安心した


こういう時、ぜーったい妥協したくないの。

自分が心底納得して、嬉しくてお金使わないと、
お金に失礼でしょ

だから、予約電話した時点でもう、このサロンが大好きになっちゃってました

早くやってみたくて、その日の、数時間後の空きを聞いたら、
ちょうどその時間は空いていると!
次の時間帯からは満員だったそうです。


そんなわけで、検索したその数時間後には、
蒸されていたわけです(´∀`*;)ゞ


yomogisugata.jpeg

マントを座浴器にすっぽりかぶせて、
さらに最初の10分間は
頭も手もマントのなかに入って全身が蒸されます


そのとき、中で足を抱えて体育座りになるので、
嫌でも自分の体が目に入る。

お腹や胸に張りがないな~
とか、
太ももの贅肉がきになるな~
とか、

出るのは文句ばかりで
自分の体を愛せていないよね。


マントの中にすっぽり覆われた10分間は、
自分の体との対話でもありました。

座浴器の穴から汗が落ち、
ときどきジュジュジュッ!って音がする。

最初の一回目、大量の汗でした


oudotubo

デトックスを目で確かめる。

中央に浮いているのが脂。
端の方ににょろにょろしているのが老廃物なんだそうです。
冷えていると、このようになるそうですよ。

私、冷えていたんだなぁ~。


水位が下がった分だけ体に入っているのだけど、
初めてにしては良いですよ!と
お褒めの言葉(?)をいただきましたよ(´∀`*)

その日の帰りは体じゅうぽかぽかで
ウキウキしてました

温めると気持ちまでアップするのは、
子宮が喜んでいるからなんだね





にほんブログ村

にほんブログ村
ブログランキングに参加しています
↑クリックするとランキングに反映されます。
応援よろしくお願いします





10:58  |  子宮を温める  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

子宮の声をくみ取って、わがまま叶えてあげようって決めました!

2016.01.05 (Tue)

【子宮メソッド⑦】子宮の声&子宮と仲直り|子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba http://ameblo.jp/jj-haru/entry-12024976683.html


はるちゃんの子宮メソッド
どの投稿も胸に突き刺さるんだけど、
これはすごかった。

普段口に出している文句、
それ、子宮があなたに言ってるんですよ!

っていうのです。


>例えば、
・なんで信じてくれないの?
・なんで優しくしてくれないの?
・なんで見てくれないの?
・人のことを考えろ!! 

これ、子宮の声です!!

>本当は持ち主に対して言っているのです。


これ読んでてね、
衝撃のワークショップ、らいふ・イズ・あ~と と
リンクしたのね。

参考記事→【女性性への抵抗と向き合って、子宮委員長はるちゃんにたどり着いた】
        http://pokok7.blog28.fc2.com/blog-entry-167.html


女性性に抵抗感があったのは、
ため込んだ感情が子宮周りにあって、
それにフタをし続けてきたからなんだって
気づきました。

抑圧されてきた感情に気づくのがこわくて、
なんとなくそこに嫌な感情があることを感じつつも、
そこに触れたくなかったんだって。

だから性器に触れることがなんだか悪いことをしているような気がしたし、
タブー、気持ち悪い、どす黒いって発展していっちゃった。


本当にタブーで、気持ち悪くて、どす黒いのは、
抑圧されてきた感情の方だったんだ。


>子宮が満足するような
>子宮のケアもしないのに、
>暴言を吐いてるうちは、
>そりゃ現実は変わりません。



子宮に、ごめんねぇぇぇ!って思いました。
布ナプキン使って子宮と向き合う仕事してきたはずなのに、
子宮が私に向けて言ってること、
ぜんぜん耳に入れてこなかった。

しんどかったとき、
寂しかったし、疲れてたし、マッサージ受けてみたいって思ってたけど、

甘えてはいけないとか、
休むのは悪いとか、
自分のためにお金使うのは悪いとか、
頭ガチガチになってて自分のわがままゆるせなかった。


子宮ケアの「子宮を温める」項目に、

⑫好きなことをする
⑬嫌なことをしない


ってあるけど、
人といるとき、自分の好きなようにふるまうこと、まったくできなかったです。
嫌なことも、顔に出さずに無理してました。


40年間、そうやって過ごしてきちゃったけど、
これから先は、自分の子宮から湧き上がる感情、
ちゃんと受け止めて、わがままゆるしてあげようって思ったんです


物理的に子宮を温めるっていうのは、
子宮の欲求でもあると思うんです。

少なくとも私にとってはそうです。

「上機嫌の作法」の齋藤孝さんが、
人間の欲は三大欲プラスもう一つあり、
それは「温まりたい欲」だって言っていましたが、
本当にそう!

私、三大欲に負けないくらい「温まりたい欲」が強いです。





なので、はるちゃんブログから、本から、
ヒントをもらって、始めました!

子宮温活

実験して良かったこと、
これからアップしていきますね




ブログランキングに参加しています
↓クリックするとランキングに反映します。
応援、よろしくお願いします


にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村




11:07  |  子宮を温める  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |