03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ラパンは解散することになりました

2016.08.18 (Thu)

昨年一年間、うさぱんの開発をしてきた3人ユニット、ラパンは解散することになりました

理由は、

とっても、満足したから

です


自分たちが思い描く
可愛らしく、履きやすいうさぱんを形にしていった過程は、
活気に満ちた、本当に楽しい時間でした

ロゴマークや、仙骨守りのアイディアもワクワクの連続でした

そうして出来上がった、
子どものような うさぱん

これで、私たちの創作意欲が満ち足りたのです

私自身、開発が大好きで、
その時間が本当に幸せでした

もう、大満足です


好奇心旺盛の3人姉妹、これからはそれぞれの道を楽しんで歩んでいきたいと思います


うさぱんのモニターをしてくださったみなさま、
貴重なご意見をいただき、おかげさまで素晴らしいふんぱんを作ることができました!
とても感謝しています

お買い求めくださったみなさま、
ご愛用くださっているみなさま、
うさぱんを可愛がってくださって本当に嬉しく、幸せを感じさせていただきました

カフェラパンに出店してくださったみなさま、ご来店くださったみなさまにも、感謝の気持ちでいっぱいです

心から
ありがとうございました


うさぱんは、最後に作ったものを3人で分けて持っております。

まだ少しずつ在庫がございます。

ひとまず、在庫をストックする形は終わり次第終了しますが、
以降は個別にオーダーを承ります。

オーダーに関しても、
縫製はうさぴょん、菊地(このブログのオーナー)
茜染めはアロマココロ真佐子さん
仙骨守りの刺繍は佐野さん
という形で、お互いにやりとりしながら
以前と同じように心を込めてお作りいたします

気になるかたはぜひ、個別にご相談くださいませ


これからもそれぞれのメンバーの活躍をどうか見守ってくださいますよう、
どうぞよろしくお願いします






スポンサーサイト
20:44  |  ラパン活動報告  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

カフェラパンで自分にできること、本気で考えた

2015.12.31 (Thu)

ラパン活動報告その③


の続きです

こうして、試行錯誤を重ねつつのふんぱん制作が始まったわけですが、
そんなさなか、思いがけない提案が上がりました。

月イチカフェをやろう

ラパンメンバーのひとり、うさぴょんは、以前喫茶店を経営していました。
そんな話から、この3人でカフェやろうという話で盛り上がったんです。

うさぴょんと真佐子さん。
この2人がスゴイのは、
やりたいねー。で終わらない!

・名前は「カフェ♡ラパン」
・場所は真佐子さんが経営しているイベントスペース「アロマココロ」
・入場料という形をとって、フリー飲食をしてもらう
・毎日やるのは大変だから、月イチで、各月のゾロ目の日(7/7, 8/8)
・お体を癒す人に来てもらって、お互いに活動を知ってもらうきっかけにしよう

と、どんどん決まっていきました。


この展開に、私だけ遅れをとっていました。

うさぴょんはスイーツやお料理が得意。

真佐子さんは素敵な場所を提供してくれるし、
人脈も広く、ヒーリングの施術ができる人を呼べる。

私は何ができるんだろう・・・。

名ばかりの主催でお金をいただくなんて耐えられませんでした。


だから、必死で考えた
私にしかできないこと

だって、やるからには、お金もらうからには、
自分が本気で役に立ってること感じられなかったら
やってる意味なんてない。


行きついたのは、WEBでした。
Facebookのイベント作成、ブログでの宣伝広告。
これでようやく腰を据えてカフェラパンに向き合うことができました。


そして迎えた
7/7 カフェラパンオープンの日!
くしくも私の誕生日でした。
これが、大盛況

pic164


第一回目の出展者さん
【Café Lapin ~カフェ♡ラパン~】
http://pokok7.blog28.fc2.com/blog-entry-147.html


この時クリスタルボウルの流水歌さんも演奏で来てくださったの!
オープンをお祝いしてくれるように、音が、響きが、体に沁み渡った

個人的にはお誕生日のケーキと手のアーチ
40歳の節目にこんな出来事が待っているなんて、
ほんの数か月前まで想像もできなかったことでした。


9月だけは台風で中止になりましたが、
12月まで5回。
ご来店いただく方が増えていったこともそうだけど、
最後に向かって濃厚さがすごかった!
どんどんレベルアップしていったなーって感じています。

出会った人たちが本当にすごい人ばかりで、
自分がどうしたいのか、どう布ナプキンに向き合っていくのか、
むちゃくちゃ考えさせられたし、
望んだことはけっこう叶えられるんだ!って
分かったこともすごく大きかった。

私だけ何もできないんじゃないかって
いじけて
辞めてしまわなくて本当によかったって今は思っています


ただ、毎月1回でもあっという間で慌ただしかったの。
来年は少しペースを落として3月から奇数月にオープン予定します

詳細が決まり次第、
またこちらにもアップしますね


ブログランキングに参加しています
↓クリックするとランキングに反映されます。応援おねがいします




14:55  |  ラパン活動報告  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

仙骨守りの刺繍は心臓ドキドキのお願い

2015.12.30 (Wed)

ラパン活動報告その②

人に頼ることを覚えたら、頭の中が現実になった
http://pokok7.blog28.fc2.com/blog-entry-161.htm
l

の続きです

ここから、「人にお願いする」
どんどん加速していきました。

発案者、真佐子さんのこだわりの一つが

仙骨守り

背守りからヒントを得た子宮の魔除け


背守りとは
その昔、背中は霊魂の守りの要で 着物は背縫いによって身を守ると信じられていました。しかし 子供の着物には背縫い線がありません。人の背中には目がなく、体の前に比べて 無防備です。背後から魔物が入り込まないように糸で縫い、魔よけとした印が背守りです。
上田着付教室より抜粋 http://www.h6.dion.ne.jp/~kituke-u/photo4.html



ふんぱんは
健康に良いだけでなく、
セクシーな可愛らしさを追求しよう!

と盛り上がった結果、

刺繍なんて素敵だねえ

と発展していきました。


その時ひらめいたのが
佐野さん
以前お仕事でご一緒させていただいたスーパーウーマン

子どもの頃から刺繍がお好きだったそうで、
一度だけ見せていただいた刺繍が、それがもうね、ほんと~うに目が揃っていて美しかった

布ナプキンを応援してくれていた佐野さん。
ふんぱんも理解してくれる予感がありました。
ただ佐野さん、デキル方なので、仕事で重要なポストに就いていたし、
忙しそうだった。

ふんぱんがどれだけ売れるのか全然予想もつかなかったし、
私の開発に巻き込んでいいのか。。。?
ええ~い!ダメ元だ!って、ドキドキしながらLINEした。
本当に、周りに聞こえるんじゃないかってくらい心臓がドキドキしてた
そのくらい、人にお願いするのが苦手だったんだよね。

そしたら!
返ってきたのは快諾だけでなく、

最近、急に刺繍がまたやりたくなって、お友達と刺繍の会を始めたと!
LINEしたそのとき、刺繍の会の真っ最中だったと!

まさに佐野さんも、刺繍したいタイミングだったというのです。
そのタイミングに鳥肌たってしまった



そして、佐野さんと共通のお友だちである節子さんは
イラストでお仕事をしていた人なのです。

節子さんにもコンセプトをお話ししたところ、
あっという間にイメージ通りの天使の羽を描いてくれました。



今までひとりで全部やらなきゃって思ってたこと、
人にお願いしたらすごく良いものができあがった
人にやってもらうの悪いなあ、って勝手に思ってたけど、
逆に喜んでもらえた

もっと早く人にお願い、してみればよかった。
でも、そのときがやっとめぐってきた私のタイミングなのかもしれないね。


仙骨守り.162

こんな素敵なもの、私一人では絶ーーーっ対にできなかった。
このうさぱんは、プロフェッショナルの技の結晶なんです


ランキングに参加しています

にほんブログ村

12:45  |  ラパン活動報告  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

人に頼ることを覚えたら、頭の中が現実になった

2015.12.29 (Tue)

このブログではちゃんとご報告しないままに進んでいる
ラパンの活動。

Café Lapinについても
唐突な宣伝投稿で周囲を困惑させています。
ここらできちんとご報告させていただこうと思います。

ラパンはふんどしパンツ【うさぱん】の開発で集まった3人ユニット。

20151105101635251.jpeg



茜染めの真佐子さん
オリジナルバッグや洋裁のうさぴょん
そして私、さちこ。


きっかけは
茜子工房さんのワークショップでした。

布ナプキンを普及させたパイオニア的存在、
角張光子さんの

『ひろがれ・ひろがれ・エコナプキン』

布ナプキンを使っている方なら読んだことがあるかもしれませんね


布ナプキンを縫ったあと、
必ずするのが
草木染め

それによって、
薬効が子宮に届く

健康オタクなわたし、
興味を惹かれました

やりたいやりたいと思ってると、
ちゃんと情報が来るんですよね。

タイムリーにfacebookのお友達が
茜子工房さんのワークショップを投稿していて
次の回に参加させてもらったのです。

やり方を覚えて、
布ナプキンは自分で染めるつもりでした。

でも、チップをいただいて自宅でやってみたらかなり大変
時間はかかるし、お鍋は大きいし、
趣味でちょっとやるなら楽しいけど、
商品にすることを考えたらやりたい気持ちがしぼんでしまった。

そのとき、初めて
人にお願いすること考えました。


私がやるより、
染めをずっとやってきた人の方が、
はるかに良い仕上がりになるのは当たり前。

私も布ナプキンに専念した方が
相乗効果を生むことがわかったんです。

その後、
茜子工房さんの中でも
染めをライフワークにしていた真佐子さんが
布ナプキンに興味を持ってくださり、

茜染めと布ナプキンのコラボが実現しました。
(茜染め布ナプキンは、現在は真佐子さんのイベントスペース“アカネココロ”のみで扱っています)


本当に、
頭の中で思い描いたことって
現実になっていく!



そして、
布ナプキンの試作品を持って行ったとき、
タイムリーに現れたのが
通称“うさぴょん”。

うさぴょんは洋裁講師の資格を持った方で、
真佐子さんと二人で
茜染めふんぱんの開発話が持ち上がっていたところだったの。
私が真佐子さんのイメージで布ナプキン試作を作ったので、
開発向きと思ってくれたんだと思う

一緒に開発しませんか?

のお話いただいたのです


なんだかね、
とんとん拍子に話が進んで怖いくらいだった


長くなったので続きは次回


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへ
にほんブログ村


22:24  |  ラパン活動報告  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |