07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

人に頼ることを覚えたら、頭の中が現実になった

2015.12.29 (Tue)

このブログではちゃんとご報告しないままに進んでいる
ラパンの活動。

Café Lapinについても
唐突な宣伝投稿で周囲を困惑させています。
ここらできちんとご報告させていただこうと思います。

ラパンはふんどしパンツ【うさぱん】の開発で集まった3人ユニット。

20151105101635251.jpeg



茜染めの真佐子さん
オリジナルバッグや洋裁のうさぴょん
そして私、さちこ。


きっかけは
茜子工房さんのワークショップでした。

布ナプキンを普及させたパイオニア的存在、
角張光子さんの

『ひろがれ・ひろがれ・エコナプキン』

布ナプキンを使っている方なら読んだことがあるかもしれませんね


布ナプキンを縫ったあと、
必ずするのが
草木染め

それによって、
薬効が子宮に届く

健康オタクなわたし、
興味を惹かれました

やりたいやりたいと思ってると、
ちゃんと情報が来るんですよね。

タイムリーにfacebookのお友達が
茜子工房さんのワークショップを投稿していて
次の回に参加させてもらったのです。

やり方を覚えて、
布ナプキンは自分で染めるつもりでした。

でも、チップをいただいて自宅でやってみたらかなり大変
時間はかかるし、お鍋は大きいし、
趣味でちょっとやるなら楽しいけど、
商品にすることを考えたらやりたい気持ちがしぼんでしまった。

そのとき、初めて
人にお願いすること考えました。


私がやるより、
染めをずっとやってきた人の方が、
はるかに良い仕上がりになるのは当たり前。

私も布ナプキンに専念した方が
相乗効果を生むことがわかったんです。

その後、
茜子工房さんの中でも
染めをライフワークにしていた真佐子さんが
布ナプキンに興味を持ってくださり、

茜染めと布ナプキンのコラボが実現しました。
(茜染め布ナプキンは、現在は真佐子さんのイベントスペース“アカネココロ”のみで扱っています)


本当に、
頭の中で思い描いたことって
現実になっていく!



そして、
布ナプキンの試作品を持って行ったとき、
タイムリーに現れたのが
通称“うさぴょん”。

うさぴょんは洋裁講師の資格を持った方で、
真佐子さんと二人で
茜染めふんぱんの開発話が持ち上がっていたところだったの。
私が真佐子さんのイメージで布ナプキン試作を作ったので、
開発向きと思ってくれたんだと思う

一緒に開発しませんか?

のお話いただいたのです


なんだかね、
とんとん拍子に話が進んで怖いくらいだった


長くなったので続きは次回


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへ
にほんブログ村


22:24  |  ラパン活動報告  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pokok7.blog28.fc2.com/tb.php/161-6992c57f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |