09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

仙骨守りの刺繍は心臓ドキドキのお願い

2015.12.30 (Wed)

ラパン活動報告その②

人に頼ることを覚えたら、頭の中が現実になった
http://pokok7.blog28.fc2.com/blog-entry-161.htm
l

の続きです

ここから、「人にお願いする」
どんどん加速していきました。

発案者、真佐子さんのこだわりの一つが

仙骨守り

背守りからヒントを得た子宮の魔除け


背守りとは
その昔、背中は霊魂の守りの要で 着物は背縫いによって身を守ると信じられていました。しかし 子供の着物には背縫い線がありません。人の背中には目がなく、体の前に比べて 無防備です。背後から魔物が入り込まないように糸で縫い、魔よけとした印が背守りです。
上田着付教室より抜粋 http://www.h6.dion.ne.jp/~kituke-u/photo4.html



ふんぱんは
健康に良いだけでなく、
セクシーな可愛らしさを追求しよう!

と盛り上がった結果、

刺繍なんて素敵だねえ

と発展していきました。


その時ひらめいたのが
佐野さん
以前お仕事でご一緒させていただいたスーパーウーマン

子どもの頃から刺繍がお好きだったそうで、
一度だけ見せていただいた刺繍が、それがもうね、ほんと~うに目が揃っていて美しかった

布ナプキンを応援してくれていた佐野さん。
ふんぱんも理解してくれる予感がありました。
ただ佐野さん、デキル方なので、仕事で重要なポストに就いていたし、
忙しそうだった。

ふんぱんがどれだけ売れるのか全然予想もつかなかったし、
私の開発に巻き込んでいいのか。。。?
ええ~い!ダメ元だ!って、ドキドキしながらLINEした。
本当に、周りに聞こえるんじゃないかってくらい心臓がドキドキしてた
そのくらい、人にお願いするのが苦手だったんだよね。

そしたら!
返ってきたのは快諾だけでなく、

最近、急に刺繍がまたやりたくなって、お友達と刺繍の会を始めたと!
LINEしたそのとき、刺繍の会の真っ最中だったと!

まさに佐野さんも、刺繍したいタイミングだったというのです。
そのタイミングに鳥肌たってしまった



そして、佐野さんと共通のお友だちである節子さんは
イラストでお仕事をしていた人なのです。

節子さんにもコンセプトをお話ししたところ、
あっという間にイメージ通りの天使の羽を描いてくれました。



今までひとりで全部やらなきゃって思ってたこと、
人にお願いしたらすごく良いものができあがった
人にやってもらうの悪いなあ、って勝手に思ってたけど、
逆に喜んでもらえた

もっと早く人にお願い、してみればよかった。
でも、そのときがやっとめぐってきた私のタイミングなのかもしれないね。


仙骨守り.162

こんな素敵なもの、私一人では絶ーーーっ対にできなかった。
このうさぱんは、プロフェッショナルの技の結晶なんです


ランキングに参加しています

にほんブログ村

12:45  |  ラパン活動報告  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pokok7.blog28.fc2.com/tb.php/162-a124a4c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |