06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

子宮の声をくみ取って、わがまま叶えてあげようって決めました!

2016.01.05 (Tue)

【子宮メソッド⑦】子宮の声&子宮と仲直り|子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba http://ameblo.jp/jj-haru/entry-12024976683.html


はるちゃんの子宮メソッド
どの投稿も胸に突き刺さるんだけど、
これはすごかった。

普段口に出している文句、
それ、子宮があなたに言ってるんですよ!

っていうのです。


>例えば、
・なんで信じてくれないの?
・なんで優しくしてくれないの?
・なんで見てくれないの?
・人のことを考えろ!! 

これ、子宮の声です!!

>本当は持ち主に対して言っているのです。


これ読んでてね、
衝撃のワークショップ、らいふ・イズ・あ~と と
リンクしたのね。

参考記事→【女性性への抵抗と向き合って、子宮委員長はるちゃんにたどり着いた】
        http://pokok7.blog28.fc2.com/blog-entry-167.html


女性性に抵抗感があったのは、
ため込んだ感情が子宮周りにあって、
それにフタをし続けてきたからなんだって
気づきました。

抑圧されてきた感情に気づくのがこわくて、
なんとなくそこに嫌な感情があることを感じつつも、
そこに触れたくなかったんだって。

だから性器に触れることがなんだか悪いことをしているような気がしたし、
タブー、気持ち悪い、どす黒いって発展していっちゃった。


本当にタブーで、気持ち悪くて、どす黒いのは、
抑圧されてきた感情の方だったんだ。


>子宮が満足するような
>子宮のケアもしないのに、
>暴言を吐いてるうちは、
>そりゃ現実は変わりません。



子宮に、ごめんねぇぇぇ!って思いました。
布ナプキン使って子宮と向き合う仕事してきたはずなのに、
子宮が私に向けて言ってること、
ぜんぜん耳に入れてこなかった。

しんどかったとき、
寂しかったし、疲れてたし、マッサージ受けてみたいって思ってたけど、

甘えてはいけないとか、
休むのは悪いとか、
自分のためにお金使うのは悪いとか、
頭ガチガチになってて自分のわがままゆるせなかった。


子宮ケアの「子宮を温める」項目に、

⑫好きなことをする
⑬嫌なことをしない


ってあるけど、
人といるとき、自分の好きなようにふるまうこと、まったくできなかったです。
嫌なことも、顔に出さずに無理してました。


40年間、そうやって過ごしてきちゃったけど、
これから先は、自分の子宮から湧き上がる感情、
ちゃんと受け止めて、わがままゆるしてあげようって思ったんです


物理的に子宮を温めるっていうのは、
子宮の欲求でもあると思うんです。

少なくとも私にとってはそうです。

「上機嫌の作法」の齋藤孝さんが、
人間の欲は三大欲プラスもう一つあり、
それは「温まりたい欲」だって言っていましたが、
本当にそう!

私、三大欲に負けないくらい「温まりたい欲」が強いです。





なので、はるちゃんブログから、本から、
ヒントをもらって、始めました!

子宮温活

実験して良かったこと、
これからアップしていきますね




ブログランキングに参加しています
↓クリックするとランキングに反映します。
応援、よろしくお願いします


にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村




11:07  |  子宮を温める  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pokok7.blog28.fc2.com/tb.php/169-b5fe1ee2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |