09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

みくさのみたから

2016.08.21 (Sun)

『みくさのみたから』を身につける集いに参加してきました。

国際的に活躍されている飯田茂実さんが伝えるイノチのヤミを晴らす術。

信州のおばあちゃんから受け継いだ術だそう。

なそえる

ことのる

のみちをとおす

みっつでひとつ皆元のすべ。
頭文字をとって「たまち」のすべ。


なそえる

手のひらは「掌」と書いて「たなごころ」。
「たのしい」は、「たなごころを伸ばす(のす)=たのす」。たのしい時は胸を開いて手を伸ばすでしょう?と説明があり、納得!

「たなそえる」は、「たなごころをそえる」。
手のひらを当てる、お手当にも通じます。


ことのる

言霊を乗せる

言葉の力を使うことで人生はその通りになっていくそうです。

自分の夢を言葉にする・人の名前にありがとうをつける
というふうに、自分のまことのりを33個作ると良いそうです。

最初の基本は、このいろは。

い 日ごとすべてがよくなる
ろ こんなに幸せ こんなに健やか
は みんな、みんな、ありがとう


のみちをとおす

体の通りが整っていないのを外に出す
動きたい方へ、動きたいままに

肩が凝ったとき、考えなくても肩を持ち上げてギュッとちからを入れ、抜くって
よくやりますよね!

考えなくても、つまったとき体がどうしたいか知っているんです。

経絡を通すとき、自然と薬指だけ内側に曲がったりします。これが「こうでなければならない手」。自然とそうなる手。
踊るように手も動きます。

そして、ちのみちをとおす時、
大切な3つの要素があります。

イケ目 目を閉じたまま目を上に向ける
イケ顔 口を大きく開けて顔を自由自在に動かす
イケ声 重たい物を持つ時、温泉に浸かる時、自然と漏れるような吐息に混ざった声。

最初に女性スタッフのお二人が
ちのみちをとおすのを実演してくれたのですが、
一瞬おどろきます

動きも、イケ顔も、うめき声も、ちょっと異様な光景。

でも、以前やった野口整体のカツゲンと似ている~と思ったので、その感覚でやり始めたら、すぐに体が勝手に動き出し~

あとで、参加者のお一人から
「初めてとは思えない!」
と言ってもらえました

たいていの方はイケ顔が難しいそうです。
(けっこう「変顔」なんだよね…)


たなそえ(手を胸に当て)

ちのみちをとおし(つまりを通し)

まことのる(言霊をのせる)


みくさのみたからは、そうして体を整える術。
自分の内側から、丹田や子宮が教えてくれる通りに体を動かすことで、体が自分で体を治すってことです。

子どものころは、何も考えずに顔じゅうを動かし、手を動かし、足を動かし、飛んだり跳ねたりしていたんですよね。

それを一個、一個、矯正されて、
自分のエネルギーの抜け道を塞いできたんだなって思いました。

現代人、思い出そうよ!!

自分の力を信じて、自分に委ねること!!



明日、目覚めたそのときから、

みくさのみたから だー


パートナーに見られたときの言い訳だけ
なにか用意しとこー





00:08  |  美容・健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pokok7.blog28.fc2.com/tb.php/187-47b4d23c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |