05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

バース・セレブレーション体験談

2016.10.19 (Wed)

バース・セレブレーション今週末に開催します☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

感度の高いひとから、ご参加表明集まってきています

前回一緒に産道くぐりを遂げたYさんが体験談を投稿してくれたのでご紹介させていただきますね


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


私は出生の時、30週で破水をして、双子で生まれました。
1350gで生まれて、すぐに保育器に入れられて生死をさまよいました。一緒に生まれた双子の妹は1週間で亡くなってしまいました。

そんな出生だったので、ワークをする前、私はさぞかし生まれたくなかったのだろう、怖かったのだろう、そんな先入観がありました。

参加者が列になって産道を作って、産道の入り口に立ったとき、やっぱりちょっと怖い、と思いました。生まれたくないって。生まれてもいいのかなって。

でも狭くて暗い産道をくぐり始めると、チャレンジ精神というか、「おっしゃ!生まれたる!くぐり切ったる!」と力が湧いて、ただただ前に進んでいました。
産道はものすごく狭くて進みずらいのですが、みんなに励まされながら、そんな勇気とともに、がしがしと進んでいきました。

そして産道をぐぐりきった時、こうして自分は生まれたんだなって、こんな力強い気持ちで、強い意志とともに生まれてきたんだな、そんなことを感じ、大きな感動に包まれました。

どうして自分は生まれてきたんだろう、生きていかなければならないんだろう、どこか諦めのような、倦怠感のような気持ちのずーっと奥にある、生に対する渇望、喜び、生きているということの奇跡、そんな原始的な喜びを体験しました。

出生時の生に対する思いを思い出すワークをぜひ体験してみてくださいね!



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ひとりひとり、生まれた時の経験は違いますが、

この投稿は人ごとに思えない、自分の感情に重なる部分があるかもしれません。

根っこの部分で響きあう何かがあるのだと思います。

ピンと来た方、ぜひ一緒に喜びを体験させてください


●◎イベント情報◎●


13224289_1022797907802447_8470532_o.jpg

Birth Celebration
〜バース・セレブレーション〜

2016年10月22日(土)
13:00〜18:00
参加費:8,000円
*胎内・誕生をイメージしたワークを通して、本来の生命エネルギーにつながります。
うまくいかないことがある・ご両親やパートナーとの関係を良くしたい・インナーチャイルドやバーストラウマを癒したい・≪誕生≫というキーワードがなぜか気になるという方へ。
詳細はこちら

お申し込み&お問い合わせ
pokok_hapi@yahoo.co.jp



ブログランキングに参加しています
↓のバナーをクリックしていただくとランキングに反映されます。
ポチっと応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村


にほんブログ村




09:12  |  イベント  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pokok7.blog28.fc2.com/tb.php/211-9c96f6ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |